新しいチームになって帰ってきた!女性4人組「ゴーストバスターズ」

数十年ぶりにリメイクされるなどして話題となることが多い昨今ですが、約30年前に大ヒットしたあの映画が新しいメンバーになってついに帰ってきます。

それは、『Ghostbusters(ゴーストバスターズ)』

オリジナルの作品は、街に潜む「ゴースト」を捕まえることを仕事としている三人の科学者を面白おかしく描いたSFコメディー。

Ray Parker Jr. が歌う主題歌も大ヒットし、作品内に登場するキャラクター「マシュマロマン」なども人気が出ました。

新作は、女性の「ゴーストバスターズ」が街のゴーストを退治すべく奮闘します。監督は、「デンジャラス・バディ」などのポール・フェイグ。

メインキャストには、クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、レスリー・ジョーンズ、ケイト・マッキノンなど、コメディー番組出身やアカデミー賞にノミネートされた実力派まで揃っています。


あの主題歌も今風になっていますが、アレンジが変わったとしても曲を聞くとテンションが上がる年代も多いのではないでしょうか。

久しぶりに「ゴーストバスターズ」を見たくなった方は、『dTV』と『Netflix』で絶賛配信中なのでチェックしてみてください!

※紹介している作品は、2016年3月時点での情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は「dTV」と「Netflix」の公式ホームページでご確認ください。