「dTV」にオススメなのは?dTVターミナル、Chromecast、Fire TVを徹底比較

動画配信サービスの魅力は、場所や時間を選ばずに動画を楽しめるということ

でも、ゆっくり自宅のテレビで映画やドラマなども見たいこともありますよね

そんな時に便利なのは、テレビにデータを転送して視聴できる「Chromecast」や「Fire TV」などのデバイス

今回は、「dTV」を視聴するには3つのデバイスの中で何がオススメか比較してみましょう

比較するのは、3つのデバイス

動画配信サービス

「dTV」を楽しめるデバイスとして、「dTVターミナル」と「Chromecast」、そして「Fire TV Stick」を比較します

どれも映画やドラマをテレビで視聴できることに変わりはありませんが、操作方法に長所や短所があります。

比較をする前に、それぞれを簡単に説明しましょう。

dTV ターミナル

「dTV ターミナル」は、「dTV」を視聴するための専用デバイス

ミラーリングも可能なので他のサービスも一応利用できますが、「dTV」に特化していることが特徴となります。

Chromecast

「Chromecast」は、スマホやPCの画面などを簡単にテレビへ転送できるデバイス

幅広いサービスに対応しているので、常に人気が高い商品です。

Fire TV Sticks

「Fire TV Stick」は、「Fire TV」シリーズのお手軽な価格帯のデバイス。

Amazon の会員は Prime ビデオが見放題となるほか、他のサービスもアプリの利用により視聴可能となります

操作方法は?

大きな特徴としては、「dTV ターミナル」と「Fire TV Stick」にはリモコンが付いているということ

「Chromecast」はあくまで画像のデータを受診するデバイスなので、操作はスマホか PC からとなります。

ただし「Fire TV」の場合は、専用のアプリをダウンロードすればスマホからの操作も可能。

リモコンを使う方がラクなのか、スマホやPCでの操作がラクなのか、操作については好みになると思います

リモコンの使いやすさ

動画配信サービス

「dTV ターミナル」と「Fire TV Stick」にはリモコンが付いていますが、正直「Fire TV」の方が使いやすいです

というのも、「dTV ターミナル」の方は薄くコンパクトになっていますが、若干ボタンの感度が良くありません。

そのため、少し強めに押す必要があったり反応が鈍かったりすることもあります。

ただし、テレビのリモコンでも操作が出来る場合があるので、感度が悪いと思ったら試してみてください。

「Fire TV」のリモコンは「dTV ターミナル」と比べ厚みがあり、握りやすく操作性も良いです

「dTV ターミナル」と「Fire TV」の違い

動画配信サービス

「Chromecast」はスマホや PC で映画やドラマを選択しますが、「dTV ターミナル」と「Fire TV」はテレビの画面上で選択することになります。

ただ、「dTV ターミナル」と「Fire TV」には少々違いがあります。

レンタル作品について

大きな違いは、レンタル作品が直接視聴できるかどうか

「dTV ターミナル」では、テレビの画面上だけで有料動画をレンタルする手続きが行えます。

しかし、「Fire TV」の場合はスマホか PC でレンタル手続きを行ってからでないと視聴することができません。

そして、コンテンツ一覧ではレンタル作品自体も出ておらず、マイリストに入れた場合のみ表示されます。

連続再生について

「Fire TV」はアマゾンの Prime ビデオがメインとなるため、「dTV」の設定はあまりできません。

「dTV ターミナル」では、連続再生にするか1話ずつ止めるかを選択できます。

ただし、「Fire TV」は選択箇所自体がなく、ドラマなどの続き物の動画の場合は自動的に連続再生となります。

どちらが良いのかは好みによりますが、購入を考えている人は覚えておくと良いでしょう。

起動時について

「dTV ターミナル」は「dTV」の視聴に特化しているため、すぐにトップ画面が表示されます。

しかし、「Fire TV」はあくまでアマゾンのサービスがメインのデバイス。

「dTV」を視聴する前に、アプリの起動をする手間が1つあります。

一覧表示について

基本的に両方とも同じではありますが、「Fire TV」の方が今時の画面表示となっています。

コンテンツの探しやすさという面では変わりませんが、見やすさという面では「Fire TV」となります。

1点気になることは、新着の数などがなぜか「dTV ターミナル」は誤表示されているということ。

実際のコンテンツ数と違うため、反映されていないことがあります。


動画を視聴してみると

動画を視聴してみると、「画質」の違いは全くありません。

しかし、「dTV」では 4K 画質での配信を行っているので、4K テレビを持っている人は「dTV ターミナル」か「Fire TV」を購入することをオススメします。

「Fire TV Stick」では 4K に対応していないので、購入時には気をつけてください。

そして、早送りや巻き戻しなどの操作をする時にはそれぞれのデバイスで違いがあります。

「dTV ターミナル」は2倍速から4倍速の早送りとなりますが、「Fire TV」では1回押すと「10秒単位」で早送りができます。

「Chromecast」の場合は画面に時間のバーが表示されているので、直接飛ばせたい時間を選択できます。

dTV を見るならオススメは?

値段や簡単さという面で、「Fire TV Stick」がオススメだと思います。

勝手に有料のコンテンツを視聴される心配も「Fire TV Stick」ではないので、特に子供がいる家庭では安心して使うことができます。

また、「dTV」に限らず様々なサービスを利用できるので、初めてデバイスを購入しようと思っている人にも良いと思います。

「Fire TV Stick」などを購入して、「dTV」を大画面で楽しんでみてください!

今すぐ「Fire TV Stick」の値段をチェック!